税理士も営業する

案内する人形

税理士も営業をするようになってきました。人によっては電話セールスをしてアポイントを取るケースもあります。以前は税理士の資格を取っただけで、そこそこの生活ができるほどの稼ぎを得ることができましたが、最近では自ら売り込みをしないとなかなか契約が取れなくなってきました。インターネットによりいろいろ比較ができるようになり、報酬がガラス張りになってきたことも影響しています。これは企業の経営者にとってしてみれば良いことです。多くの経営者は一度顧問契約を結んだ税理士と長い付き合いをしています。税理士は税務申告したり税務調査の際に自分の代わりに受けてくれたりする人というイメージが強く、それ以上期待していない人もいます。

企業経営者は今の状況を上手く利用していきましょう。他の税理士事務所の報酬を顧問税理士に伝えてみたり、サービス内容を確認してみたりすると良いです。有能な税理士をパートナーにすることができれば、企業業績が大きく向上するケースもあります。もちろん、報酬も高くなりますが、それ以上に利益が出ているわけですから納得のできる報酬となります。また、最近ではセカンドオピニオンとして活動する税理士も登場してきました。顧問税理士が作成した税務書類を添削し、より良い税務申告方法はないか調べてくれるサービスです。セカンドオピニオンを利用して、もしも納める税金を少なくすることができたら、企業にとっては大きなメリットとなります。