個人で利用

案内する人形

税務署の近くへ足を運ぶと、税理士事務所をたくさん目にすることができます。自分で事業を営んでいるような人でない限り、日常的に税理士のサービスを利用することなどないのが普通ですが、最近は相続サポートを受けるなどといった理由で利用する人が多くなってきています。料金表が事務所の外に張り出されているようなことはないですが、ホームページを見ると、料金表が公開されているのが一般的です。ただし、定額で何円といった形の料金設定になっているケースは少なく、利用者が得られる経済的利益の何%という形で料金が定められている場合が多いです。パーセンテージで書かれていてもピンと来ないという人が少なくありませんが、電話をかければ料金の概算額を教えてもらうことができます。

一昔前までの税理士は、法人税務だけを専門に取り扱っているのが当たり前のようになっていました。いくつかの会社と顧問契約を結び、普段は記帳代行業務などを請け負い、年末になると確定申告業務を代行するといった形で営業している税理士事務所が大部分でした。顧問先の会社の経営者の相談にのったり、税務調査に立ち会ったりするようなこともありますが、あとはほぼルーチンワークということになりますので、法人税務だけを取り扱っている限り、さほど苦労もせずに業務をこなすことができます。しかし、税理士の料金が自由化されたことによって、そのような殿様商売を続けていくことが困難になってしまいました。そこで、最近では個人向けの税務サービスを積極的に取り扱う税理士事務所が多くなってきました。