専門サービス 相談

税理士の費用とは

案内する人形

税理士とは、税理士法に定められた国家資格を持つ税務の専門家であり、申告納税制度の担い手として暮らしや経営のパートナーの役割を果たしています。主に税務の代行や、申告書類の作成、税務のアドバイスを基本的な業務としています。 また行政書士の業務全般や社会保険労務士の一部の業務だけでなく、株式会社の会計参与として経営に参画し、計算書類作成の責任者として活躍することも可能です。個人の事務所だけでなく、複数人で運営する税理士法人を設立し、大型案件を複数対応する組織も増えて来ています。 報酬金額の傾向としては、顧問料の月額は個人で2万円、法人で3万円であり、決算の費用は個人で年間5万円、法人で20万円というのが一番多いと言われています。

税理士の報酬は、従来は税理士法に定める報酬規定で全国一律でしたが、現在は廃止され各事務所で自由に価格を設定し多様なサービスが提供できるようになっています。例えば、初期の税務相談や相続税の計算シミュレーションは、無料で実施する所も増えて来ています。 今では税理士業界でも価格競争が激しくなっていて、税理士法で定める日本税理士会連合会で報酬金額の実態調査で公開されています。以前は報酬規定として規制に守られていた為、一般の人にはブラックボックス化していて不透明でしたが、最近では業務内容に応じて細かい料金設定を提示する事務所も増えて来ました。 報酬金額を決める基準は、顧客の売上金額や、依頼内容、訪問回数等となっていますので、自分に必要なサービスを検討すると費用の削減につながります。ぜひ一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

良い税理士とは

コールセンターの女性

税理士に相談したいけど、良い税理士をどうやって見つけるのかわからないという人は多いでしょう。ネットを活用することで、新宿など地域を絞って探すことができます。見積もりで料金を比較することも大切です。

個人で利用

電卓を持つ女性

税理士を個人的に利用するという場面は、いろいろとあります。個人事業を営んでいる人はもとより、最近では相続税が掛かる遺産相続に関するサポートを、個人向けに行う税理士事務所もあるのです。

税理士も営業する

いろいろな書類

現在、税理士も営業を行なう様になってきました。また電話セールスをこおなってアピールするケースあります。それだけ近年契約が取れなくなってきているのです。その税理士のサービスについても紹介します。

オススメリンク

ピックアップ